製品案内

やさしい味が自慢のポップコーン、高知ならではの「花きび」など

ポップコーン

高知ならでは「マックのシュガーコーン」をはじめ、バラエティ豊かなフレーバーがおいしい、手作りの味。

塩/キャラメル(バタフライ)/シュガー/梅かつお/四万十青のり/醤油バター/コーンポタージュ

ご注文はこちらから

塩味かと思いきや、口に入れるとフワッと甘く、どこか懐かしい味のポップコーン。
ポップコーンは甘いのが本当、と高知の人は信じてやまない、マックのシュガーコーン。

シュガーコーンは、昭和37年頃、映画館で塩味のポップコーンを販売していたところ、あるお客さんに、「これは甘うないき、旨うない」(甘くないから美味しくない)と言われ、昔から馴染みのあるポン菓子をヒントに砂糖を使ってポップコーンを作ったのが始まりです。

高知の映画館になくてはならないもの、それがマックのシュガーコーンでした。

映画館黄金期であった当時を知る方々は、シュガーコーンは青春の味ながよ!と口を揃えて仰ります。
飽きっぽい人が多い高知で、半世紀も愛されているお菓子って本当に少ないんです。
高知県外の方からは、ポップコーンが甘いなんて!と思われるかもしれませんが、高知では50年も昔からあたり前の味。高知のご当地お菓子の「あぜち食品のポップコーン」をぜひ一度食べてみてください。

懐かしい味がする、不思議なお菓子です。

世界でたったひとつのポップコーンをOEM製造します!

オリジナルポップコーン.com

世の中にはたくさんの「お菓子」が存在しています。
子供から大人まで多くの人に愛されているお菓子の中で、特にポップコーンは定番スナックとして人気を博しています。
そして最近、ポップコーンがOEM製造のお菓子として、いろいろな業界から注目を集めています。

あぜち食品では、「イベントでポップコーンを作りたい」「ご当地のお菓子としてポップコーンを作りたい」と、全国からのお問い合わせにお応えするべく、大型のポップコーン製造機ではなく、手作りに近い形で、ひとつひとつ丁寧にポップコーンを作っています。

花きび期間限定

やさしい甘さ、高知のひな菓子

高知版ひなあられ『花きび』。高知では「ひなあられ」ではなく、ポップコーンを使った「花きび」が雛菓子です。

ご注文はこちらから

高知では昔むかし、そのまた昔の頃…。
「はなきび」という、トウモロコシを炒って、紙袋に入れ「はなきびいらんかえ~」と売り歩いている方がいました。

その「はなきび」をヒントに、シュガーコーンに色をつけてみたらどうだろう…と、試行錯誤の上、昭和四十年ごろ、現在の「花きび」ができました。
桃、菜の花、若草色に色付けられた、とても可愛くて美味しい花きび。たくさんのドラマがある、素敵なお菓子です。

母と一緒に色の濃いところを競争して食べていました。今は娘と競争して食べています。
あなたが大好きだからと、母がいつも買ってきてくれた思い出のお菓子。
スーパーに陳列されだすと、亡くなった母を思い出し、心が温かくなります。

大阪に出て、初めて花きびが高知のお菓子だと知りました。
どこにでもあるものだと思っていたのに!
そうか!あられは米やもんね!!二十歳までずっと花きびは雛あられやと信じちょった(笑)
今は高知から送ってもらいゆう。

まだ小さかった頃、うちには雛人形がなくて、欲しくて仕方なかったけれど、買ってくれなくて、でも母がいつも必ず花きびだけは買ってくれました。
成人して、自分で買えるようになっても、やっぱり「あんた好きやったろ?」と買ってきてくれます。
母に聞いたら、「これが私に出来るあなたへのひな祭りながよ。」
普段は淡白な母からの言葉。
私は花きびを見ると母を想います。

花きび一つに、まだまだたくさんのドラマがあります。
花きびには合成着色料をほんの少しだけ使っています。私たちも本当は、合成着色料は使用したくありませんでした。
大手食品メーカーと一緒に色々試してみたのですが、天然着色料は熱に弱く、弊社の製法では花きびを炒ると色が全部飛んでしまいました。

大手メーカーには、完成したシュガーコーンに天然着色料を入れた水をスプレーしたらどうか…と提案していただきましたが、湿気た花きびを食べたいのか?と疑問…。
熱に強い天然着色料の開発が進むまでは、合成着色料を使用することにしました。

やはり、まだ不安に思う方がたくさんいらっしゃいます。
私たちは、ごくわずかな色粉(日本基準値よりさらに微量)できれいにできるよう、一回一回炒るごとに釜をきれいに洗い、細心の注意を払って作っています。

商談会でお会いした、とてもとても大きなスーパーのバイヤーの方に「これは本当にいい商品だ。今の技術じゃ、天然着色料がつかえない事も分かる。でもこれは高知の文化だ。大切にしてください。」と、力強いエールをもらいました。

食を通じて文化を紡ぐ…花きびは高知の文化です。
高知県民に「春を呼ぶお菓子」とも呼ばれ、春にしか味わえないポップコーンです。
これからも真心込めて、大切に受け継いでいきたいと思っています。